Doorkeeper

ワークショップで学ぶスクラム要求開発

2013-11-28(木)19:00 - 21:00
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
懇親会は有料(通常の呑み会程度)になります

詳細

今回は、要求開発とスクラム実践者の方向けにスクラム要求開発をご紹介します。

ものづくりの現場では、いつも何を作るかということと、どう作るかということの議論で真っ盛りです。要求開発とは、何を作るのかということに関して、「要求とはすでにそこにあるのではなく開発するものである」という考え方のもと 2004年よりコミュニティーベースで策定が進められた超上流の方法論です。

一方、スクラムでは、作りながら要求を確認し、更なる要求を策定していく側面はありますが、それでも開始時にはプロダクトバックログを 作らなければなりません、また、繰り返すスプリントの中で開発していくプロダクトをみながら、要求を精査していかなければなりません。

スクラムであっても、如何にステークホルダーや開発者で意味と価値を共有し、さらなる価値を作り出すための技術の可能性と ビジネスの可能性のシナジーを作り出すことが課題であることには変りないわけです。 このときに、超上流の方法論として作られた要求開発の手法である要求の見える化とがとても有効に働きます。

今回のワークショップは要求開発から生まれたビジネス企画メソッド匠Method手法を使い、スクラム開発に応用する方法をご説明します。
参考図 赤坂英彦さん(すくすくスクラムに参加されて..)

価値を高めていくかに焦点を当て、スクラムを実践している参加者の皆さんの要求に関しての課題をから、みんなで議論して気付きを得ようというものです。 なお、今回のワークショップは匠BPとセントラルソフトで共同開催している「スクラム要求開発」セミナーから一部エッセンスを抽出したものです。

スクラム実践者で、要求についての悩みがある方は是非ご参加ください。

【プログラム】
19:00-21:00 『ワークショップで学ぶスクラム要求開発』
※途中適宜休憩

【講師紹介】
セントラルソフト:すくすくスクラムスタッフ:林 栄一氏
匠BusinessPlace 代表取締役社長:萩本 順三氏

【参考イベント】
匠BusinessPlace ,セントラルソフト 次世代エンジニア育成定例コーススクラム要求開発
http://www.takumi-businessplace.co.jp/service/content-04-03-02.html

懇親会について

プログラム終了後、近所の居酒屋にて懇親会を行います。申込時に懇親会に参加登録してください。懇親会は有料で普通の飲み会程度のお代をいただきます。時間の都合で途中で帰ることも可能です(状況により適宜精算)。

注意事項

  • 本セッションは無料です。Doorkeeperが発行するチケットをお持ちいただく必要はございません。
  • 満席となった場合はキャンセル待ちができます。あきらめずに登録お願いします。また申し込んだ方についても都合が悪くなった際にはキャンセル手続きを行い、他の方に席をお譲り下さい。
  • この勉強会はボランティアによって運営されているものです。至らない点等あるかもしれませんがご理解いただきますようにお願いします。
  • 顔の見える運営をこころがけております。可能であれば参加登録時には、実名・実際の所属名を明らかにして申込みいただきますようにお願いいたします(匿名でもかまいませんが、当日は実名でご参加下さい)。
  • 基本的には「要求開発」またはソフトウェア開発の企画立案フェーズに関する知識のある方を対象としています。

コミュニティについて

要求開発アライアンス

要求開発アライアンス

「要求はあるものではなく、開発するものである」このスローガンのもとに提唱される方法論「要求開発」を軸に、ソフトウェア開発における要件定義~それ以前(企画フェーズ、超上流フェーズなど)を中心に議論を行うオープンコミュニティです。上流工程を中心題材としてほぼ毎月勉強会を開催しています。 2016年9月より定例会などのイベント管理をConnpassに移行しました。 - Connpassサイト -...

メンバーになる